« 新社会人の働き方に関する意識やいかに? | トップページ | 前年同月比横ばいの消費者物価指数とかろうじてプラスの企業向けサービス価格指数から何を読み取るべきか? »

2016年3月24日 (木)

「スマホゲーム市場に関する調査結果 2015」やいかに?

かなり旧聞に属する話題ですが、矢野経済研究所から3月14日に「スマホゲーム市場に関する調査結果 2015」が明らかにされています。私が電車の中などで見かける限り、少し前まではスマホを操作している人はほとんどゲームをしているような印象があったんですが、最近ではスマホゲームもかなり下火となり、むしろ、SNSの方が多いんではないかとすら見えます。直感的には、スマホを操作している人の半分以上はゲームかSNSのような気がしないでもありません。

photo

ということで、矢野経済研究所のリポートから 図1. 国内スマホゲーム市場規模推移と予測 を引用すると上の通りです。やっぱり、というか、何というか、昨年2015年あたりからスマホゲームの伸びはかなり急ブレーキがかかって伸びが鈍化しているような印象です。ですから、リポートでも、「今後は、有力な現地法人と協業したゲームアプリを含め、様々な日系企業のスマホゲームが海外へ展開されていくものと考える。」と海外展開の必要性を強く示唆して報告を締めくくっています。

|

« 新社会人の働き方に関する意識やいかに? | トップページ | 前年同月比横ばいの消費者物価指数とかろうじてプラスの企業向けサービス価格指数から何を読み取るべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/64608095

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマホゲーム市場に関する調査結果 2015」やいかに?:

« 新社会人の働き方に関する意識やいかに? | トップページ | 前年同月比横ばいの消費者物価指数とかろうじてプラスの企業向けサービス価格指数から何を読み取るべきか? »