« 4か月振りの赤字を記録した貿易統計をどう見るか? | トップページ | 地震調査研究推進本部による「全国地震動予測地図2016年版」やいかに? »

2016年6月21日 (火)

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)による「グローバル・トレンズ2015」やいかに?

昨日6月20日は1974年に「アフリカ統一機構難民条約」が発効したことを記念する「世界難民の日」World Refugee Day であり、ここ何年か国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から「グローバル・トレンズ2015」 Global Trends 2015 が公表されています。今夜は帰宅が遅くなりましたが、国際機関のリポートを取り上げるのはこのブログの特徴のひとつでもあり、簡単に画像なりとも示しておきたいと思います。

photo

上の画像はUNHCRのサイトにあるインフォグラフィックのひとつです。2015年末時点で家を追われた人の数は6530万人と初めて6000万人を超え、2014年末のは5950万人からかなり増加していますが、6530万人のうち先進諸国で庇護申請を行なったのは320万人、難民は2130万人、国内避難民は4080万人であったことが上のインフォグラフィックから判ります。

photo

続いて上のグラフは、pdf の全文リポートから p.06 Fig.1 Trend of global displacement & proportion displaced を引用しています。年々の難民の推移なんですが、2012年ころから増加が加速しているのが見て取れます。
やや強引ながら「経済評論のブログ」に 分類しておきます。

|

« 4か月振りの赤字を記録した貿易統計をどう見るか? | トップページ | 地震調査研究推進本部による「全国地震動予測地図2016年版」やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/66125687

この記事へのトラックバック一覧です: 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)による「グローバル・トレンズ2015」やいかに?:

« 4か月振りの赤字を記録した貿易統計をどう見るか? | トップページ | 地震調査研究推進本部による「全国地震動予測地図2016年版」やいかに? »