« 米国雇用統計の雇用増加はほぼ巡航速度に戻り金融政策動向には中立的か? | トップページ | マクロミル「2017年 新成人に関する調査」の結果やいかに? »

2017年1月 8日 (日)

トレンド総研による「2017年トレンド予測」やいかに?

かなり旧聞に属する話題かもしれませんが、トレンド総研から「2017年トレンド予測」の結果が昨年2016年12月27日に明らかにされています。2部構成であり、最初はネットにおけるアンケートで今年2017年の注目のイベントやトピックスを取りまとめ、第2部ではトレンド総研にて今年2017年の流行を予想しています。まず、アンケートによる今年2017年に注目されるイベント・トピックスのトップテンをリポートから引用すると以下の通りです。

photo

まあ、トランプ米国大統領の就任が何といってもトップでしょう。これは鉄板です。ただ、昨年2016年12月20日付けで取り上げたプレミアムフライデーが何と3位に入っています。私自身はこの制度の認知度をとても懸念したんですが、知らなかったのは私だけかもしれません。楽しみにしているサラリーマンも少なくないような気がします。また、うまく画像として引用できなかったんですが、今年2017年の流行予想のうち、私が注目したのは、食の分野でフランス流の食事スタイル、世界初の全自動衣類折りたたみ機ランドロイドや衣類リフレッシュ機器LGスタイラーなどの家事をラクにしてくれるロボット家電、さらに、「STAY (ステイ)」と「VACATION (バケーション)」を組み合わせた造語「ステイケーション」と呼ばれる家の中や近場でバケーション気分を味わう新しい余暇の過ごし方、などです。

参考になったようなならないような、果たして、これらの予想は実現されるんでしょうか、その結果やいかに?

|

« 米国雇用統計の雇用増加はほぼ巡航速度に戻り金融政策動向には中立的か? | トップページ | マクロミル「2017年 新成人に関する調査」の結果やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/69148002

この記事へのトラックバック一覧です: トレンド総研による「2017年トレンド予測」やいかに?:

« 米国雇用統計の雇用増加はほぼ巡航速度に戻り金融政策動向には中立的か? | トップページ | マクロミル「2017年 新成人に関する調査」の結果やいかに? »