« 今週の読書はかなりがんばって9冊! | トップページ | 天候要因で季節商品に売れ行き不振あるものの商業販売統計に見る消費は回復のモメンタム! »

2017年1月29日 (日)

マクロミルによる「バレンタイン実態調査2017」やいかに?

さて、もう少し先のお話しかもしれませんが、2月14日はバレンタインデーです。私のように、指折り数えてあと何年で定年体感というようなジーサンはともかく、我が家の倅どものような若い男女には気にかかるところかもしれません。ということで、マクロミル・ホノテから働く男女を調査対象とした「バレンタイン実態調査2017」の結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査のTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 働く男女のバレンタインチョコ購入実態、女性は80%、男性も4人に1人にあたる25%が購入!
  • 平均予算は 「4,347円」、2年で639円ダウン
  • バレンタインチョコは誰に贈る? 1位「本命チョコ」、2位「自分へのご褒美チョコ」、3位「家族へのファミチョコ」、
    手作り派は25%、買う派は75%
  • ライバルに差を付けろ! バレンタインに真似したい最新アイデア、ご紹介!

グラフをいくつか引用して、週末日曜日のブログらしく、簡単に取り上げておきたいと思います。

photo

まず、マクロミル・ホノテのサイトから バレンタインチョコの購入率 を男女別にしたグラフを引用すると上の通りです。女性はさすがに80%を超えています。よく理解できないのが、男性でも4人に1人はバレンタイン・チョコを買っているという事実です。私は60年近い人生で、バレンタイン・チョコを自分で買ったことはありません。よく理解できないながら、女性からもらったと見栄を張るんでしょうか。20%の女性は、要するに、あげる相手がいないんでしょうか、それとも、バレンタイン・チョコなんぞを必要ともしない相手がいたりするんでしょうか?

photo

次に、マクロミル・ホノテのサイトから バレンタインチョコを贈る相手 のグラフを引用すると上の通りです。やっぱり本命チョコがトップで、2番目に多かったのご褒美チョコですから、バレンタインチョコを購入する人の実に半数が、自分のためにご褒美チョコを買うようです。先ほどの男性が買うのもひょっとしたらご褒美チョコなのかもしれません、と、今さらながらに思い返したりしています。そして、私も買おうかという気になりそうで少し怖いです。

|

« 今週の読書はかなりがんばって9冊! | トップページ | 天候要因で季節商品に売れ行き不振あるものの商業販売統計に見る消費は回復のモメンタム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/69396549

この記事へのトラックバック一覧です: マクロミルによる「バレンタイン実態調査2017」やいかに?:

« 今週の読書はかなりがんばって9冊! | トップページ | 天候要因で季節商品に売れ行き不振あるものの商業販売統計に見る消費は回復のモメンタム! »