« Oxfamによる格差に関する2017年版報告書「99%のための経済」やいかに? | トップページ | 今週の読書は経済書や専門書に小説と新書も加えて計7冊! »

2017年1月20日 (金)

トランプ効果でエコノミスト誌のビッグマック指数はどう動いたか?

photo

最新号のエコノミスト誌で為替の購買力平価の一種であるビッグマック指数が明らかにされています。エコノミスト誌のサイトから引用した画像は上の通り、昨年来のトランプ次期米国大統領への政策期待から生じているドル高を反映しているようです。下のフラッシュもエコノミスト誌のサイトに直リンしていたりします。

諸般の事情により、これだけです。週末前の軽い経済の話題でした。

|

« Oxfamによる格差に関する2017年版報告書「99%のための経済」やいかに? | トップページ | 今週の読書は経済書や専門書に小説と新書も加えて計7冊! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/69268612

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ効果でエコノミスト誌のビッグマック指数はどう動いたか?:

« Oxfamによる格差に関する2017年版報告書「99%のための経済」やいかに? | トップページ | 今週の読書は経済書や専門書に小説と新書も加えて計7冊! »