« 国民生活基礎調査に見る貧困率の動向やいかに? | トップページ | 4番福留選手に精彩なく横浜に逆転負け! »

2017年7月 5日 (水)

東京商工リサーチによる「役員報酬1億円以上開示企業」調査の結果やいかに?

先週は3月決算の上場企業の株主総会が数多く開催されましたが、6月30日付けで東京商工リサーチから「役員報酬1億円以上開示企業」調査の結果が明らかにされています。役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示を行った上場企業は221社で開示人数は457人でした。社数は2015年3月期の212社から、また、人数は414人からそれぞれ増加を示しており、過去最多を更新したそうです。個別開示トップはソフトバンクグループのニケシュ・アローラ元副社長の103億46百万円で、歴代役員報酬額の最高額を更新しています。以下、トップテンは下のテーブルの通りです。

photo

なお、同様の調査結果は東洋経済オンラインでも見かけました。「年収1億円超」の上場企業役員530人リストです。トップは同じアローラ元副社長なんですが、当然ながら、いろいろと違いが見かけられます。ご参考まで。
先週末は私にもボーナスが出て、それなりの幸福感に浸っていたんですが、まあ、私のような公務員とは桁違いですね。経済的な合理性のある報酬だということは理解しつつも、今さらながらに思い知らされました。

|

« 国民生活基礎調査に見る貧困率の動向やいかに? | トップページ | 4番福留選手に精彩なく横浜に逆転負け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/71050997

この記事へのトラックバック一覧です: 東京商工リサーチによる「役員報酬1億円以上開示企業」調査の結果やいかに?:

« 国民生活基礎調査に見る貧困率の動向やいかに? | トップページ | 4番福留選手に精彩なく横浜に逆転負け! »