« 当面の敵である横浜に負けてクライマックス・シリーズは大丈夫か? | トップページ | 50か月連続で前年比プラスを記録した企業向けサービス物価(SPPI)! »

2017年9月25日 (月)

「マーケティング実務家によるプレミアムフライデー『実感』アンケート」調査結果やいかに?

2月に始まったばかりなのに、すでに見直し論議が巻き起こっているプレミアムフライデーなんですが、やや旧聞に属する話題ながら、マーケティングの実務家による国際組織であるMCEI (Marketing Communications Executives International)の東京支部から「マーケティング実務家によるプレミアムフライデー『実感』アンケート」の調査結果が9月1日に明らかにされています。今週の金曜日はプレミアムフライデーですが、この調査結果につきいくつかグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo

まず、上のグラフはアンケート調査結果のリポートから、プレミアムフライデーに関して、実施状況、今後の定着、働き方改革への影響、消費拡大への影響につき問うた結果です。私の勤務する役所では当然にプレミアムフライデーは実施しているんですが、驚くほど実施していない割合が高いのが見て取れます。ただし、定着に関しては実施の比率に比べれば楽観的な見方が多く、働き方改革や消費拡大に向けた影響についてはさらに楽観視されているようです。

photo

そして、上のグラフはアンケート調査結果のリポートから、プレミアムフライデーの実施日について問うた結果です。一目瞭然なんですが、このままでいいというのは少数意見でしかなく、月中を推す意見の方が多い結果が示されていますいます。さて、見直し論議のゆくえやいかに?

|

« 当面の敵である横浜に負けてクライマックス・シリーズは大丈夫か? | トップページ | 50か月連続で前年比プラスを記録した企業向けサービス物価(SPPI)! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーケティング実務家によるプレミアムフライデー『実感』アンケート」調査結果やいかに?:

» エコノミストのように [哲学はなぜ間違うのか]
株価が高騰すると暴落の予想を出したり暴落するとチャンスと叫んでみたりするエコノミストのようでもあります。 拝読ブログ: 「マーケティング実務家によるプレミアムフライデー『実感』アンケート」調査結果やいかに? 拝読ブログ: 「何となく文学部」...... [続きを読む]

受信: 2017年9月29日 (金) 22時03分

« 当面の敵である横浜に負けてクライマックス・シリーズは大丈夫か? | トップページ | 50か月連続で前年比プラスを記録した企業向けサービス物価(SPPI)! »