« マクロミル・ホノテ「花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 今週の読書は専門の開発経済学をはじめ多岐に渡り大量に計8冊! »

2018年1月19日 (金)

本気象協会による「2018年 春の花粉飛散予測 (第3報)」やいかに?

昨夜に続いて、この時期にどうしても気になる花粉症の話題で、日本気象協会から今週火曜日の1月16日付けで「2018年 春の花粉飛散予測 (第3報)」が明らかにされています。まず、日本気象協会のサイトから各地のピーク予測、2018年シーズンの花粉飛散傾向、そして、2018年シーズンの飛散開始時期、と、サイトに置かれている画像を一気につなげて引用すると以下の通りです。

photo

関東や東京に着目すると、花粉飛散の時期も量も例年並みであり、おそらく、2月の建国記念日から本格的な花粉飛散が始まり、大雑把にゴールデンウィークまで、ピークはスギが3月でヒノキが4月、飛散量も例年並み、といったところですが、上の画像のうちの真ん中の3枚目のパネルを見ると、東京・神奈川は真っ赤っかで、昨年比の花粉飛散量は激増するという見込みのようです。それだけ、昨年がラクだったわけで、私の実感とも合致しますが、今年は時期も量も例年並みとはいえ、昨年から比べればツラい花粉の季節を迎えるようです。心して対策を講じたいと思います。

|

« マクロミル・ホノテ「花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 今週の読書は専門の開発経済学をはじめ多岐に渡り大量に計8冊! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/72712637

この記事へのトラックバック一覧です: 本気象協会による「2018年 春の花粉飛散予測 (第3報)」やいかに?:

« マクロミル・ホノテ「花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 今週の読書は専門の開発経済学をはじめ多岐に渡り大量に計8冊! »