« 貿易統計に見る輸出は着実に増加し我が国産業の競争力を示す! | トップページ | ともに+1%近い上昇率を続ける消費者物価指数(CPI)と企業向けサービス物価(SPPI)! »

2018年1月25日 (木)

リクルートジョブズによる非正規雇用の賃金動向調査結果やいかに?

来週の雇用統計の公表を前に、ごく簡単に、リクルートジョブズによる非正規雇用の時給調査、すなわち、アルバイト・パートと派遣スタッフの募集時平均時給の12月の調査結を見ておきたいと思います。

photo

ということで、上のグラフを見れば明らかなんですが、アルバイト・パートの平均時給は引き続き2%台で堅調に推移していて、特に12月統計では1,030円と2006年1月の統計開始以来の過去最高水準を記録し、3か月連続で最高記録を更新し続けています。一方で、派遣スタッフの平均時給は、一昨年2016年9月から昨年2017年8月までの12か月ではマイナスを記録する月の方が多いくらいですが、昨年2017年9月からはふたたびそれなりのプラス幅を記録しています。引き続き、非正規雇用の求人は堅調と考えてよさそうです。

|

« 貿易統計に見る輸出は着実に増加し我が国産業の競争力を示す! | トップページ | ともに+1%近い上昇率を続ける消費者物価指数(CPI)と企業向けサービス物価(SPPI)! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/72766482

この記事へのトラックバック一覧です: リクルートジョブズによる非正規雇用の賃金動向調査結果やいかに?:

« 貿易統計に見る輸出は着実に増加し我が国産業の競争力を示す! | トップページ | ともに+1%近い上昇率を続ける消費者物価指数(CPI)と企業向けサービス物価(SPPI)! »