« 楽天インサイト「副業に関する調査」の結果やいかに? | トップページ | 鳥谷選手の球団最多安打を最後に今季の野球観戦を終える!! »

2018年10月 4日 (木)

国際通貨基金(IMF)「世界経済見通し」分析編を読む!!

昨日、国際通貨基金(IMF)から来週のIMF世銀総会に向けて、「世界経済見通し」分析編 World Economic Outlook, October 2018: Analytical Chapters が公表されています。少し長くなりますが、章ごとのタイトルとサマリーを IMF のサイトから引用すると以下の通りです。

Chapter 2: The Global Recovery 10 Years after the 2008 Financial Meltdown
This chapter takes stock of the global economic recovery a decade after the 2008 financial crisis. Output losses after the crisis appear to be persistent, irrespective of whether a country suffered a banking crisis in 2007-08. Sluggish investment was a key channel through which these losses registered, accompanied by long-lasting capital and total factor productivity shortfalls relative to precrisis trends. Policy choices preceding the crisis and in its immediate aftermath influenced postcrisis variation in output. Underscoring the importance of macroprudential policies and effective supervision, countries with greater financial vulnerabilities in the precrisis years suffered larger output losses after the crisis. Countries with stronger precrisis fiscal positions and those with more flexible exchange rate regimes experienced smaller losses. Unprecedented and exceptional policy actions taken after the crisis helped mitigate countries’ postcrisis output losses.
Chapter 3: Challenges for Monetary Policy in Emerging Economies as Global Financial Conditions Normalize
Inflation in emerging market and developing economies since the mid-2000s has, on average, been low and stable. This chapter investigates whether these recent gains in inflation performance are sustainable as global financial conditions normalize. The findings are as follows: first, despite the overall stability, sizable heterogeneity in inflation performance and in variability of longer-term inflation expectations remains among emerging markets. Second, changes in longer-term inflation expectations are the main determinant of inflation, while external conditions play a more limited role, suggesting that domestic, not global, factors are the main contributor to the recent gains in inflation performance. Third, further improvements in the extent of anchoring of inflation expectations can significantly improve economic resilience to adverse external shocks in emerging markets. Anchoring reduces inflation persistence and limits the pass-through of currency depreciations to domestic prices, allowing monetary policy to focus more on smoothing fluctuations in output.

お手も長くなりましたので、これだけでもういいんではないかという気もしますが、国際機関のリポートに注目するのはこのブログの特徴のひとつでもありますし、いくつかグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo

この第2章では、リーマン・ショック後の10年を振り返って、直後の景気後退 Great Recession が現時点まで継続的な影響を有している、と指摘しています。すなわち、1982年の世界的な景気後退の際には、購買力平価で換算して世界GDP46パーセントを占める48国が景気後退によるGDPの低下を経験したのに対して、2008年のリーマン・ショック後の2009年には世界経済の⅔に当たる91国がGDPを減少させた、としています。上のグラフはリポート p.73 から Figure 2.1. Correlation of GDP Deviations between Periods (Percent) を引用しています。景気後退直後と現時点に近い期間でのGDPの乖離がの相関係数が0.9ほどですので、ほぼ一致しているといえます。要するに、リーマン・ショックで大きく落ち込んだ国は今でも落ちたまま回復し切れていない、ということになります。

photo

第3章では、2000年代半ばまでのディスインフレ期を経て、現在の米国金利引上げに象徴されるような金融政策の正常化が進んでいる時期に、インフレの落ち着きのサステイナビリティを検証しています。長期的なインフレ期待が実際の各国のインフレ率のバラツキにつながる一方で、インフレ率が落ち着いたままの水準を続け、為替のパススルーが限定的であれば、金融政策はマクロ経済の安定化政策に割り当てる余地が出来る、と指摘しています。なお、上のグラフはリポート p.73 から Figure 3.1. Headline Consumer Price Index Inflation (Percent) を引用しています。2004年でディスインフレが終了し、その後、直近の2015年以降では、新興国が引き続きディスインフレが継続している一方で、先進国が少しずつジワジワとインフレ率を上昇させていて、金融政策の正常化を進める必要性が大きくなったのが見て取れます。

|

« 楽天インサイト「副業に関する調査」の結果やいかに? | トップページ | 鳥谷選手の球団最多安打を最後に今季の野球観戦を終える!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/74329835

この記事へのトラックバック一覧です: 国際通貨基金(IMF)「世界経済見通し」分析編を読む!!:

« 楽天インサイト「副業に関する調査」の結果やいかに? | トップページ | 鳥谷選手の球団最多安打を最後に今季の野球観戦を終える!! »