« 高止まりする石油価格の影響で企業物価の国内物価上昇率は+3%が続く! | トップページ | 帝国データバンクによる「人手不足倒産」の動向調査の結果やいかに? »

2018年10月11日 (木)

金本監督辞任で阪神の次期監督やいかに?

我が家に帰宅してから、購読している朝日新聞夕刊で阪神金本監督辞任を知りました。記事へのリンクはコチラです。
冷たいかもしれませんが、当然と私は受け止めています。むしろ、17年振りの最下位にもかかわらず監督職に居座ったりしたら、とてもイヤな気持ちだっただろうと思います。我が家の上の倅は来年大学を卒業しますが、幸か不幸か、阪神タイガースの最下位を初めて目のあたりにしたわけで、私のような暗黒時代を知っている古いファンと違って、さらに、監督辞任は当然と考えそうな気もします。高校野球ではないんですから、「よくがんばった」だけではなく、結果が重視されるのは当然ですし、少なくとも、今年半ばあたりからの金本監督の采配は疑問だらけでした。むしろ、3年前までの和田前監督のように、育成はまったく無視して外国人選手とベテラン勢に偏重した起用の方が、ある意味で、一貫性あったとすら感じた試合もありました。ちょっと育成もやってみたけれど、サッパリ若手が伸びなかった、という結果に終わり、特に打者の若手がまったく伸びておらず、打ち気にはやってボールに手を出しては凡退する、というシーンが多かった気がします。投手陣も育成に失敗したのは同様で、榎田投手のように他球団に出して活躍されては言い訳も成り立ちません。
それにしても、次の監督は誰なんでしょうか?

秋季キャンプから鍛え直して来季こそは、
がんばれタイガース!

|

« 高止まりする石油価格の影響で企業物価の国内物価上昇率は+3%が続く! | トップページ | 帝国データバンクによる「人手不足倒産」の動向調査の結果やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/74376350

この記事へのトラックバック一覧です: 金本監督辞任で阪神の次期監督やいかに?:

« 高止まりする石油価格の影響で企業物価の国内物価上昇率は+3%が続く! | トップページ | 帝国データバンクによる「人手不足倒産」の動向調査の結果やいかに? »