« 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? | トップページ | 4月からのリバウンドを見た5月の米国雇用統計は底を打ったか? »

2020年6月 5日 (金)

過去最大の下落幅を記録した4月の景気動向指数をどう見るか?

本日、内閣府から4月の景気動向指数が公表されています。CI先行指数は前月から▲8.9ポイント下降して76.2を、CI一致指数も前月から▲7.3ポイント下降して81.5を、それぞれ記録し、統計作成官庁である内閣府による基調判断は、9か月連続で「悪化」で据え置かれています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

4月の景気動向指数、一致・先行とも過去最大の下落幅
内閣府が5日発表した4月の景気動向指数(CI、2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比7.3ポイント低下の81.5と3カ月連続で低下した。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言や外出自粛、企業活動の停滞などが響き、一致指数の下落幅は統計を開始した1985年1月以降で最大となった。指数の水準は09年10月(80.1)以来、10年6カ月ぶりの低さだった。
一致指数を構成する9系列中、速報段階で算出対象となる7系列のすべてが指数を押し下げた。国内外の需要低迷や工場の稼働停止など生産調整がされたこともあり、「耐久消費財出荷指数」や「鉱工業用生産財出荷指数」、「生産指数(鉱工業)」などがマイナスに影響した。
一致指数の動きから機械的に求める景気動向指数の基調判断は、9カ月連続で「悪化」となった。基調判断が9カ月連続で「悪化」となるのは、08年6月からの11カ月連続以来の長さだ。
数カ月後の景気を示す先行指数は前月比8.9ポイント低下の76.2と、09年3月(74.2)以来、11年1カ月ぶりの低水準となった。先行指数の下げ幅も過去最大を更新した。「消費者態度指数」や「新規求人数(除学卒)」、「鉱工業用生産財在庫率指数」などが指数を押し下げ、先行きに対する見方は依然として厳しいことがうかがえる。景気の現状に数カ月遅れて動く遅行指数は前月比2.7ポイント低下の98.1だった。
CIは指数を構成する経済指標の動きを統合して算出する。月ごとの景気動向の大きさやテンポを表し、景気の現状を暫定的に示す

いつもながら、包括的によく取りまとめられた記事だという気がします。次に、景気動向指数のグラフは下の通りです。上のパネルはCI一致指数と先行指数を、下のパネルはDI一致指数をそれぞれプロットしています。影をつけた期間は景気後退期を示しているんですが、直近の2018年10月を景気の山として暫定的にこのブログのローカルルールで勝手に景気後退局面入りを認定しています、というか、もしそうであれば、という仮定で影をつけています。

photo

3月統計の落ち方もかなりのものだったのですが、4月統計では、引用した記事にもあるように、過去最大の落ち方だそうです。あくまで私個人の直観ながら、現在の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響にによる経済の落ち込みは、おそらく、今年2020年4~5月が底ではないかと考えられますので、来月公表予定の5月統計までこういったカンジが続きそうな気がします。一応、個別系列を見て、CI一致指数の前月差に対するマイナス寄与が大きかったコンポーネントは、耐久消費財出荷指数▲1.42、鉱工業用生産財出荷指数▲1.29、生産指数(鉱工業)▲1.27、有効求人倍率(除学卒)▲1.00などとなっていますが、9系列すべてが前月差マイナスを記録しています。先行指数でも、現時点でデータが利用可能な9系列すべてが前月差マイナスとなっています。先行指数の中で、特にマイナス寄与が大きいのは、消費者態度指数▲1.51、新規求人数(除学卒)▲1.49、鉱工業用生産財在庫率指数▲1.44、最終需要財在庫率指数▲1.43などとなっています。

繰り返しになりますが、COVID-19の我が国経済への影響は4~5月が底ではないかと考えていますが、まだ6月が始まったばかりですし、何より、足元で底を打ったとしても、決してV字回復が期待できるわけではありません。3年から、ひょっとしたら5年くらいは低空飛行が続く可能性があります。

|

« 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? | トップページ | 4月からのリバウンドを見た5月の米国雇用統計は底を打ったか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? | トップページ | 4月からのリバウンドを見た5月の米国雇用統計は底を打ったか? »