« 高橋投手の快投でようやく巨人から1勝!!! | トップページ | 青柳投手以下の投手陣が崩壊して広島にボロ負け!!! »

2020年8月 7日 (金)

景気動向指数はやっぱり2020年5月が底か?

本日、内閣府から6月の景気動向指数が公表されています。CI先行指数は前月から+6.7ポイント上昇して85.0を、また、CI一致指数も前月から+3.5ポイント上昇して76.4を、それぞれ記録しています。統計作成官庁である内閣府による基調判断は、11か月連続で「悪化」で据え置かれています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

6月の景気動向指数、一致指数が5カ月ぶりに上昇
内閣府が7日発表した6月の景気動向指数(CI、2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比3.5ポイント上昇の76.4となった。緊急事態宣言が全国で解除されたことなどを背景に、5カ月ぶりに上昇した。
緊急事態宣言が5月下旬に全面的に解除されたことや1人10万円の特別定額給付金の支給などを背景にした「商業販売額(小売業)」の回復や、自動車の出荷が戻りつつある「耐久消費財出荷指数」などが寄与した。「鉱工業用生産財出荷指数」や「生産指数(鉱工業)」も伸びた。
一致指数の動きから機械的に求める景気動向指数の基調判断は、11カ月連続で「悪化」となった。基調判断が11カ月連続で「悪化」となるのは、08年6月からの11カ月連続以来となる。
数カ月後の景気を示す先行指数は前月比6.7ポイント上昇の85.0と、2カ月連続で上昇した。「消費者態度指数」や「最終需要財在庫率指数」などが寄与した。景気の現状に数カ月遅れて動く遅行指数は前月比0.8ポイント上昇の93.3と11カ月ぶりに上昇した。
CIは指数を構成する経済指標の動きを統合して算出する。月ごとの景気動向の大きさやテンポを表し、景気の現状を暫定的に示す。

いつもながら、包括的によく取りまとめられた記事だという気がします。次に、景気動向指数のグラフは下の通りです。上のパネルはCI一致指数と先行指数を、下のパネルはDI一致指数をそれぞれプロットしています。影をつけた期間は景気後退期を示しているんですが、直近の2020年5月を景気の谷として暫定的にこのブログのローカルルールで勝手に景気後退局面入りを認定しています、というか、もしそうであれば、という仮定で影をつけています。

photo

一昨日の8月5日付けのブログで取り上げた第一生命経済研のリポートでは、CI一致指数を前月から+3.4ポイントの上昇と予想していたんですが、実績では+3.5ポイントの上昇でした。統計作成官庁である内閣府では景気動向指数の利用の手引として、統計の作成方法まで詳細に公開していて極めて透明性は高いんですが、どうも合わないもののようです。「外れ値」処理なのかという気もしますが、新たな「外れ値」処理手法の詳細も公開されていますし、どうして合わないのか、私にはよく判りません。ということで、CI先行指数は2か月連続での上昇、CI一致指数は5か月ぶりの上昇となりました。わずかに1か月ながら、先行指数が一致指数に先行しているわけで、それなりに信頼感ある指数だという気がします。CIの場合はDIとことなり、一定のボリューム感も把握できるんですが、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大に連動して、2月前月差▲0.1ポイントとマイナスに落ち込んだ後、3月▲4.9ポイント、4月▲10.1ポイント、5月▲6.4ポイントの後の6月+3.5ポイントですから、上のグラフを見ても明らかなように、COVID-19感染拡大前の水準に戻るのにはかなりの期間を要することは明らかです。2~5月の落ち込み幅が4か月分合わせて▲21.5ポイントですから、6月のリバウンド+3.5ポイントが続くとしても半年かかるという単純計算になります。でも、今日の東京都における感染者数も500人近いように報じられていますし、そう単純に進むとはとても思えません。速報公表の現時点で算入されているCI一致指数のコンポーネント10系列のうち、商業販売額(小売業)(前年同月比)、耐久消費財出荷指数、商業販売額(卸売業)(前年同月比)、鉱工業用生産財出荷指数、投資財出荷指数(除輸送機械)などのプラスの寄与度が大きくなっています。いずれにせよ、暫定的ながら、景気の谷は2020年5月だったような気がします。でも、繰り返しになりますが、COVID-19の感染拡大は終息にほど遠く、2番底の可能性も否定できません。

photo

最後に、本日、厚生労働省から6月の毎月勤労統計が公表されています。従来からのサンプル・バイアスとともに、調査上の不手際もあって、統計としては大いに信頼性を損ね、このブログでも長らくパスしていたんですが、先月からグラフだけお示ししています。統計のヘッドラインとなる名目の現金給与総額は季節調整していない原数値の前年同月比で▲1.7%減少の44万3875円となっています。ただし、雇用者数はパートは前年同月に比べて減少している一方で、フルタイムの一般労働者は増加しており、人口減少下の人手不足もあって底堅い印象です。先月もそうだったんですが、今月も景気動向指数のトピックに隠れて、こっそりと持ち出しておきたいと思います。

|

« 高橋投手の快投でようやく巨人から1勝!!! | トップページ | 青柳投手以下の投手陣が崩壊して広島にボロ負け!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋投手の快投でようやく巨人から1勝!!! | トップページ | 青柳投手以下の投手陣が崩壊して広島にボロ負け!!! »