« 馬場投手のナイスリリーフと糸井選手のツーランで横浜に連勝!!! | トップページ | 来週公表の1-3月期1次QEは緊急事態宣言によりマイナス成長か? »

2021年5月10日 (月)

旅行所得への新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による影響の国際比較やいかに?

前々から使ってみようと考えていたのですが、HowMuch.net - Understanding Money というサイトがあります。まあ、Our World in Data のお金限定バージョンといったところかもしれません。授業の忙しい月曜日は、軽い話題で済ませておきたいと思います。4月30日付けの記事 "Visualizing the Negative Economic Impact of COVID-19 on Tourism" から画像を引用すると以下の通りです。


photo

色分けが旅行所得の減少割合、大きさが旅行所得の大きさです。減少割合でソートされているようで、もっともダメージ大きいのがスペインで、2020年は2019年の▲80%以上のダウンです。それに続くのが▲70%以上の減少で、タイ、日本、ロシア、英国の順で並んでいます。その次のグループが▲60%以上のダメージで中国以下の6か国がいて、フランス以下は▲50%未満となっています。

実は、このサイトの最新情報は "Visualizing the State of Government Debt Around the World (Update, 2021)" となっており、日本がど真ん中の▲257%とトップを快走しています。財政赤字にこだわって緊縮財政に陥るのは誤った経済政策だと私は考えていますので、この最新記事はパスします。

|

« 馬場投手のナイスリリーフと糸井選手のツーランで横浜に連勝!!! | トップページ | 来週公表の1-3月期1次QEは緊急事態宣言によりマイナス成長か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬場投手のナイスリリーフと糸井選手のツーランで横浜に連勝!!! | トップページ | 来週公表の1-3月期1次QEは緊急事態宣言によりマイナス成長か? »