« わずかに上昇幅を拡大した消費者物価指数(CPI)は基準改定でホントはマイナスか? | トップページ | 6月の貿易統計は世界と日本の景気局面を反映する!!! »

2021年7月20日 (火)

NBERは昨年2020年4月を景気の谷と同定!!!

すでに、日本国内のメディアでも広く報じられている通り、NBERは米国の景気後退の谷を2020年4月と同定しました。山が2020年2月でしたので、何と、2か月だけの景気後退だったことになります。通常は、景気後退の同定の際は、半年6か月くらいの期間が要されるケースが多いんですが、今回だけは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による猛烈な経済活動レベルの低下がありましたから、期間がわずかに2か月でも景気後退と同定するということらしく、この点は私も賛成です。NBERの参考サイトは以下の通りです。

|

« わずかに上昇幅を拡大した消費者物価指数(CPI)は基準改定でホントはマイナスか? | トップページ | 6月の貿易統計は世界と日本の景気局面を反映する!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わずかに上昇幅を拡大した消費者物価指数(CPI)は基準改定でホントはマイナスか? | トップページ | 6月の貿易統計は世界と日本の景気局面を反映する!!! »