« 先発投手が2回に7失点では勝てません!!! | トップページ | 2021年7月3日: 今週の読書は重厚な経済書のほか計5冊!!! »

2021年7月 2日 (金)

財政拡大とともに雇用者増が続く米国雇用統計!!!

日本時間の今夜、米国労働省から5月の米国雇用統計が公表されています。非農業雇用者数の前月差は今年2021年に入って着実にプラスを記録しており、本日公表の6月統計では+850千人増の大幅増を記録しています。ただし、失業率は前月の5.8%から6月には5.9%にわずかに上昇しています。まず、長くなりますが、USA Today のサイトから統計のヘッドラインを報じる記事を最初の9パラだけ引用すると以下の通りです。

Economy added 850K jobs in June, and unemployment rose to 5.9% as COVID cases declined, states lifted restrictions, vaccinations rose
Despite widespread worker shortages, U.S. hiring accelerated in June as employers added 850,000 jobs amid declining COVID-19 cases, a reopening economy and increasing vaccinations.
The unemployment rate, which is calculated from a different survey of households, ticked up from 5.8% to 5.9%, the Labor Department said Friday.
Economists had estimated that 720,000 jobs were added last month, according to a Bloomberg survey.
So far, the U.S. has recovered 15.6 million, or 70%, of the 22.4 million jobs lost last spring, leaving the nation 6.8 million jobs below its pre-pandemic level.
Leisure and hospitality, the industry hit hardest by the pandemic, again led the gains, adding 343,000 jobs, including 194,000 at restaurants and bars, as more states ended capacity limits.
Local, state and private education added 269,000 jobs but those advances represented a quirk of Labor’s seasonal adjustments. School employees typically come off payrolls in June and July. But since fewer education workers are employed because of the pandemic, fewer dropped off and that translated into a big gain after seasonal adjustments.
Professional and business services added 72,000 jobs. Retail added 67,000 as more stores reopened. And manufacturing, which has been beleaguered by supply-chain bottlenecks, added 15,000.
Several forces are coalescing to juice the economy and labor market, leading analysts to forecast record job gains of 7 million to 8 million jobs this year.
COVID cases this week fell to a seven-day average of about 12,000, the lowest since March 2020. Forty-seven percent of the U.S. population has been fully vaccinated. And most states have lifted all pandemic-related restrictions.

長くなりましたが、まずまずよく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルでは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門を、さらに、下は失業率をプロットしています。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。NBERでは今年2020年2月を米国景気の山と認定しています。ともかく、2020年4月の雇用統計からやたらと大きな変動があって縦軸のスケールを変更したため、わけの判らないグラフになって、その前の動向が見えにくくなっています。少し見やすくしたんですが、それでもまだ判りにくさが残っています。

photo

引用した記事の3パラ目にもあるように、Bloombergによる市場の事前コンセンサスでは+720千人の雇用増が予想されていましたので、+850千人増はやや強めの数字と受け止められています。他方で、失業率は今年2021年に入ってから、6%前後でやや下げ止まっている感もあります。マクロの雇用の改善が進んだところで、マイクロな労働市場のミスマッチが生じている可能性もあります。すなわち、リモートワークの普及などの構造的な変化が生じていることから、労働市場でもそういった人材の需要が高まる一方で、労働供給の方はそれほど短期には調整できない可能性もある、ということです。しかし、それでも、マクロの雇用の回復には、やはり、引湯した記事にも "a reopening economy and increasing vaccinations" とあるように、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が進んでいる要因が大きいと考えるべきです。繰り返し、何度も緊急事態宣言を頻発している我が国とは大きく違います。GDP統計にも着実な米国経済の回復が現れており、1~3月期は前期比年率で+6.4%成長でした。我が国の1~3月期GDP統計速報1次QEはマイナス成長だったわけで、ワクチン接種と大規模な財政政支出拡大を展開して力強い景気回復を実現している米国バイデン政権との違いが大きくなっています。

USA Today のサイトから9パラ引用したのですが、実は、10パラ目には "Also, Congress has passed about $3.2 trillion in government stimulus spending since late last year, including more checks for households." とあって、米国の大きな財政支出拡大政策に言及されています。我が国でも、緊縮財政を転換すべき時期に達している、と私は考えています。

|

« 先発投手が2回に7失点では勝てません!!! | トップページ | 2021年7月3日: 今週の読書は重厚な経済書のほか計5冊!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先発投手が2回に7失点では勝てません!!! | トップページ | 2021年7月3日: 今週の読書は重厚な経済書のほか計5冊!!! »