« 押出し2つでヤクルトにサヨナラ勝ちして連敗ストップ!!! | トップページ | GWの読書は経済書2冊とミステリを合わせて計5冊!!! »

2022年5月 6日 (金)

米国雇用統計は完全雇用を示しインフレ抑制のために金融政策は引締めに転じる!!!

日本時間の今夜、米国労働省から4月の米国雇用統計が公表されています。非農業雇用者数の前月差は昨年2021年から着実にプラスを記録していましたが、本日公表の4月統計では+428千人増を記録し、失業率は前月と変わらず3.6%を記録しています。まず、USA Today のサイトから統計のヘッドラインを報じる記事を久し振りに全パラ引用すると以下の通りです。

Economy adds 428,000 jobs in April even as COVID cases edge higher, unemployment is unchanged at 3.6%
Employers added 428,000 jobs in April, extending a streak of booming payroll gains despite a recent uptick in COVID-19 cases, persistent worker shortages and the war in Ukraine.
The unemployment rate was unchanged at 3.6%, the Labor Department said Friday.
Economists surveyed by Bloomberg had estimated that 390,000 jobs were added last month.
The nation has recouped 20.8 million, or 95%, of the 22 million jobs lost early in the health crisis, leaving it 1.2 million jobs short of its pre-pandemic level. The deficit could be closed by summer.
Job growth averaged more than half a million a month in the first quarter as the pandemic eased following the surge in cases triggered by the omicron variant. And the economy now has added more than 400,000 jobs a month for 12 months, the longest such streak on record.
In April, leisure and hospitality, which includes restaurants and bars, the sector hit hardest by the pandemic, led the broad-based job gains with 78,000; manufacturing added 55,000; transportation and warehousing, 52,0000; professional and business services, 41,000; financial activities, 35,000; health care, 34,000; and retail, 29,000.
Daily COVID-19 cases are averaging about 60,000 compared to 25,000 in early April, with contagious omicron subvariants continuing to spread, according to the Centers for Disease Control and Prevention. Still, that's far below the 800,000 daily average recorded in January and omicron remains far less severe than prior virus strains.
As a result, the spike is having less impact on economic activity, Goldman Sachs economist Spencer Hill says. Restaurant seatings have held steady at close to pre-crisis levels in recent weeks, according to Goldman and OpenTable, an online restaurant reservation service.
Meanwhile, Americans who were caring for children or staying home out of COVID fears have been streaming back into a hot labor market with sharply rising wages. That trend paused in April, however. The number of people working or looking for jobs fell by 363,000 last month, pushing the labor force participation rate from 62.4% to 62.2%, still well below the pre-COVID level of 63.4%.
The drop came despite a record 11.5 million job openings in March, making it even tougher for firms across the country that are struggling to find workers. That tends to slow job growth during the typically busy spring hiring season, Hill says.
While job growth remains sturdy, it has slowed somewhat from January and February, when employers added 504,000 and 714,000 jobs, respectively. Business uncertainty created by Russia's war in Ukraine and high energy prices could be tempering hiring, says economist Ian Shepherdson of Pantheon Macroeconomics.
Small business hiring intentions hint at a possible downshift in monthly payroll to about 250,000 a month, Shepherdson, says citing surveys by the National Federation of Independent Business.
Most metro areas saw a decline in the number of hours worked and employees working at small businesses last month, according to Homebase, a payroll software provider.
April's strong report likely solidifies the Federal Reserve's tentative plans to raise interest rates by a half point at both its June and July meetings despite the recent stock market selloff, says economist Paul Ashworth of Capital Economics. A similar hike this week marked the Fed's largest such move in 22 years.

とてつもなく長く引用しましたが、よく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルでは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門を、さらに、下は失業率をプロットしています。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。NBERでは2020年2月を米国景気の山、2020年4月を谷、とそれぞれ認定しています。ともかく、2020年4月からの雇用統計からやたらと大きな変動があって縦軸のスケールを変更したため、わけの判らないグラフになって、その前の動向が見えにくくなっています。少し見やすくしたんですが、それでもまだ判りにくさが残っています。

photo

引用した記事の第3パラにもあるように、Bloombergによる市場の事前コンセンサスでは+390千人程度の雇用増が予想されていたため、実績の+428千人増はやや上振れた印象です。失業率についても、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)パンデミック前の2020年1~2月には3.5%まで低下していましたが、この50年ぶりの水準に今年2022年3~4月の3.6%は肉薄しています。失業率だけからすれば、米国労働市場はほぼほぼ完全雇用状態に近いと考えるべきです。雇用逼迫に基づくホームメード・インフレに加えて、エネルギーをはじめとする資源価格の急騰が加わって米国ではインフレが加速しています。世界的なレベルでのCOVID-19からの回復局面における新興国や途上国でのエネルギーや鉄・非鉄金属などへの需要の高まりがあり、さらに、何といっても、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー供給制約によって資源価格が高騰し、米国をはじめとする先進各国のインフレに拍車をかけています。米国ではヘッドラインのインフレ率が+8%を超えています。ですから、広く報じられているように、一昨日5月4日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイントの利上げを決定し、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小も近く開始される予定です。日本でも、本日公表された東京都区部の4月の消費者物価指数(CPI)統計では、昨年からの携帯電話料金引下げの効果が剥落し、一気に、コアCPI上昇率は+1.9%に達しました。日銀インフレ目標をまだ下回っているにもかかわらず、メディアでは「インフレ高騰」の大合唱が始まっています。いずれにせよ、米国では金融政策はハッキリと引き締めに転じていますが、景気回復の思わしくない我が国では、物価上昇と景気や雇用との兼ね合いで金融政策の舵取りが難しい段階に達しています。

|

« 押出し2つでヤクルトにサヨナラ勝ちして連敗ストップ!!! | トップページ | GWの読書は経済書2冊とミステリを合わせて計5冊!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 押出し2つでヤクルトにサヨナラ勝ちして連敗ストップ!!! | トップページ | GWの読書は経済書2冊とミステリを合わせて計5冊!!! »