« 今週の読書は経済所や歴史書をはじめとして計5冊!!! | トップページ | 8月統計の企業向けサービス価格指数(SPPI)は+2%近い高い上昇率が続く!!! »

2022年9月26日 (月)

今年2022年のノーベル経済学賞やいかに?

photo

ノーベル財団から今年のノーベル賞の授与日程がすでに明らかにされています。以下の通りです。

10月3日
生理学・医学賞
10月4日
物理学賞
10月5日
化学賞
10月6日
文学賞
10月7日
平和賞
10月10日
経済学賞

そして、10月のノーベル賞ウィークを前に、9月21日、クラリベイト引用栄誉賞 Cralivate Citation Laureates 2022 が明らかにされています。経済学分野は以下の通り8人となっています。レイヤード男爵とオズワルド教授が英国人であるほかは、すべて米国人となっています。分野としては、国家発展における政治経済制度の分析、幸福の経済学、互恵主義や利他主義などの社会的協力を含む経済行動の分析、です。

nameaffiliationmotivation
Daron AcemogluInstitute Professor, Department of Economics, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MassachusettsFor far-reaching analysis of the role of political and economic institutions in shaping national development
James A. RobinsonReverend Dr. Richard L. Pearson Professor of Global Conflict Studies, and Institute Director, The Pearson Institute for the Study and Resolution of Global Conflicts, Harris School of Public Policy, University of Chicago, Chicago, Illinois
Simon JohnsonRonald A. Kurtz (1954) Professor of Entrepreneurship of Economics and Professor, Global Economics and Management, MIT Sloan School of Management, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, Massachusetts
Richard A. EasterlinUniversity Professor Emeritus of Economics, University of Southern California, Los Angeles, CaliforniaFor pioneering contributions to the economics of happiness and subjective well-being
Richard Layard/LordCo-Director, Community Wellbeing Programme, Centre for Economic Performance, London School of Economics, London
Andrew J. OswaldProfessor of Economics and Behavioural Science, University of Warwick, Coventry
Samuel BowlesResearch Professor and Director of the Behavioral Sciences Program, Santa Fe Institute, Santa Fe, New Mexico; Professor Emeritus, Department of Economics, University of Massachusetts, Amherst, MassachusettsFor providing evidence and models that broaden our understanding of economic behavior to include not only self interest but also reciprocity, altruism, and other forms of social cooperation
Herbert GintisProfessor Emeritus, Department of Economics, University of Massachusetts, Amherst, Massachusetts; External Professor, Santa Fe Institute, Santa Fe, New Mexico

今年のノーベル経済学賞は誰でしょうか?

なお、本日、経済協力開発機構(OECD)から「経済見通し中間報告」OECD Economic Outlook, Interim Report が公表されるとアナウンスされています。10月早々にIMF・世銀総会があって、IMFの「世界経済見通し」が公表されるハズなので、それほど注目はしていませんが、何かの機会に取り上げるかもしれません。取り上げないかもしれません。

|

« 今週の読書は経済所や歴史書をはじめとして計5冊!!! | トップページ | 8月統計の企業向けサービス価格指数(SPPI)は+2%近い高い上昇率が続く!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の読書は経済所や歴史書をはじめとして計5冊!!! | トップページ | 8月統計の企業向けサービス価格指数(SPPI)は+2%近い高い上昇率が続く!!! »