« インテージによる「年末・年始の旅行や帰省」の調査結果やいかに? | トップページ | 賃金と生産性とスキルについての雑感 »

2022年12月21日 (水)

週刊『ダイヤモンド』のベスト経済書やいかに?

photo

週刊『ダイヤモンド』12/24・31合併号が送られていました。「ベスト経済書」の記事が組まれています。私は今年2022年はオリヴィエ・ブランシャール&ダニ・ロドリック『格差と闘え』(慶應義塾大学出版会)で決まりだと思っていたのですが、何と、5位までのランキングは以下の通りでした。

1
渡辺努『物価とは何か』(講談社メチエ)
2
植杉威一郎『中小企業金融の経済学』(日本経済新聞出版)
3
猪木武徳『経済社会の学び方』(中公新書)
3
加藤雅俊『スタートアップの経済学』(有斐閣)
5
翁邦雄『人の心に働きかける経済政策』(岩波新書)

私の推したマリアナ・マッツカート『ミッション・エコノミー』(NewsPicksパブリッシング)は19位で、まさにこれくらいのラインを狙っていたのでOKなのですが、何と、トップだと予想していた『格差と闘え』は21位に沈みました。トップテンのうちの半分くらいしか読んでいないのは、それはそれでOKなのですが、トップ経済書の予想の点に関しては、少しショックでした。まだまだ、読書家としても、エコノミストとしても、力不足を感じさせられました。来年からはさらに精進します。

|

« インテージによる「年末・年始の旅行や帰省」の調査結果やいかに? | トップページ | 賃金と生産性とスキルについての雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インテージによる「年末・年始の旅行や帰省」の調査結果やいかに? | トップページ | 賃金と生産性とスキルについての雑感 »