« 2か月連続で悪化した景気ウォッチャーと黒字幅が拡大した経常収支をどう見るか? | トップページ | 今週の読書は経済書なしで小説を中心に計5冊 »

2023年1月13日 (金)

世界経済フォーラム Global Risk Report における Top 10 Risks やいかに?

一昨日の1月11日、世界経済フォーラムから Grobal Risks Report 2023 が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップロードされています。まず、世界経済フォーラムのサイトから今後2年間と10年間のそれぞれの Top 10 Risks のテーブルを引用すると下の通りです。

photo

今後2年間のトップリスクは Cost of living crisis、そして、10年間では Falure to mitigate climate change、そして、10年間の2番めも同じように気候変動問題から、Falure of climate-change adaption となっています。気候変動問題はもう少し先かと思っていましたが、もう10年間のタイムスパンに入ってくるということなのでしょう。2年間でも10年間でも、ともに8番めにリストアップされているのは Widespread cybercrime and cyber insecurity となっています。そうかもしれません。エコノミストとして、興味深く見ていたのは、リスクのカテゴリーです。色分けの凡例として5カテゴリーがアルファベット順に示されていますが、Economy の水色のカテゴリーに入ると考えられるリスクはトップ10には見受けられません。もう、リーマン証券破綻二段を発した金融危機なんかは、それほど大きなリスクとは考えられなくなったのかもしれません。また、リポートにすべて目を通したわけではありませんから、上のトップ10のリストだけを見た感想ながら、感染症=Infection も見かけません。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)もリスクとしては後景に退いたという見立てなのかもしれません。

ついでながら、お正月1月3日でしたのでスルーしたのですが、Eurasia Group からも Top Risks 2023 が明らかにされています。コチラもpdfの全文リポートはもちろん、日本語訳まで提供されています。リストアップされた項目だけ、以下の通り、引用しておきます。

  1. Rogue Russia ならず者国家ロシア
  2. Maximum Xi 「絶対的権力者」習近平
  3. Weapons of mass disruption 「大混乱生成兵器」
  4. Inflation shockwaves インフレショック
  5. Iran in a corner 追い詰められるイラン
  6. Energy crunch エネルギー危機
  7. Arrested global development 世界的発展の急停止
  8. Divided States of America 分断国家アメリカ
  9. Tik Tok boom TikTokなZ世代
  10. Water stress 逼迫する水問題

|

« 2か月連続で悪化した景気ウォッチャーと黒字幅が拡大した経常収支をどう見るか? | トップページ | 今週の読書は経済書なしで小説を中心に計5冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2か月連続で悪化した景気ウォッチャーと黒字幅が拡大した経常収支をどう見るか? | トップページ | 今週の読書は経済書なしで小説を中心に計5冊 »