« 日本は福祉国家なのか、それとも土建国家なのか? | トップページ | 延長11回にジャイアンツを突き放して6連勝 »

2023年8月 9日 (水)

今年2023年7月は史上もっとも暑かった

コペルニクス気候変動サービスのサイトによれば、今年2023年7月は史上もっとも暑かった July 2023 sees multiple global temperature records broken とのことです。ロイターのサイトから関連する記事を引用すると以下の通りです。

7月の世界気温は史上最高、陸海で異常高温に=EU機関
気象情報を分析する欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービスは8日、7月は陸上と海上で異常な高温が観測され、この月としては史上最も暑かったと報告した。
科学者らは先月末、通常は16度前後の7月平均気温が今年は17度に迫っていると警告していた。
コペルニクスのサマンサ・バージェス副所長は、年初来の期間では今年は過去3番目の暑さと指摘。「7月には地球の大気と海面温度がともに過去最高を記録した。こうした記録は地球温暖化ガス排出が主因で、これを減らす野心的な取り組みが緊急に必要であることが示された」と述べた。
6月も過去最高気温の記録を更新していた。

この7月は、我が日本だけではなく、世界的に高温だったようです。関西方面では台風の影響下、昨日今日は雲が広がって、それほど気温は上がっていませんが、こういったデータを見る限り、明らかに、気候変動/地球温暖化が進行していることを実感します。なお、コペルニクス気候変動サービスのサイトからグラフを引用すると以下の通りです。

photo

|

« 日本は福祉国家なのか、それとも土建国家なのか? | トップページ | 延長11回にジャイアンツを突き放して6連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は福祉国家なのか、それとも土建国家なのか? | トップページ | 延長11回にジャイアンツを突き放して6連勝 »