« USB Billionaire Ambitions Report 2023 では相続による億万長者の増加を報告 | トップページ | 7-9月期GDP統計速報2次QEの予想やいかに? »

2023年12月 5日 (火)

COP28における日本の存在感や役割はどうなっているのか?

広く報じられているように、国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイにて、11月30日から12月12日までの予定で開催されています。今回のCOPでもっとも注目されている点のひとつは、グローバル・ストックテイクという世界全体の進捗を評価する5年に1度の機会です。2016年11月の IGES Working Paper "Empowering the Ratchet-up Mechanism under the Paris Agreement" によれば、次の4つのポイントで評価されます。

  1. The global stocktake should first clearly recognise the necessity of reducing net global CO2 emissions to zero to stabilise global temperatures at warming thresholds of 1.5℃ and 2℃ above pre-industrial levels. Following this, the global emissions trend, the speed of emissions reduction, and the status of structural changes in key sectors should be examined in terms of whether these parameters are heading to net zero-emissions as soon as possible in the second half of the 21st century.
  2. The global stocktake should comprise two phases: a) technical dialogue phase; and then b) political decision-making phase, with an aim to facilitating mutual learning and promote political momentum toward climate action.
  3. The technical dialogue should be conducted to translate the best available information and science into actionable knowledge for Parties, with a view to informing Parties when they plan their successive NDCs.
  4. The political decision-making phase should be at the ministerial level and develop political decisions on actions based on technical work. This will contribute to ensuring the level of political attention and political will in raising ambition in NDCs as well as the global response based on the outcome of the global stocktake.

ただ、こういった専門的かつ技術的な議論は国内では希薄であり、Climate Action Network International から「化石賞」と認定された、などというニュースが取り上げられているのがせいぜいなところのように見受けられます。要するに、水素とアンモニアを化石燃料と混焼するのがグリーンウォッシュとされているわけですが、どこまで詳細に報じられているのか、私にははなはだ疑問です。

photo

私はしばしば気候変動や地球温暖化の問題では、学生諸君に対して貧富の格差と関連した理解を求めています。上の infographic は OxFam のサイトから引用しています。OxFamは世界の富裕層トップ10%が二酸化炭素排出の50%に責任があり、50%から90%の中間層が43%に責任がある一方で、下層50%はわずかに8%にすぎない、と主張しています。当然ながら、気候変動の影響は所得下層ほど大きいわけであり、富裕なCO2排出者が支払いの責任を負うべきである "make rich polluters pay" と提唱しています。私は一理あると受け止めています。

|

« USB Billionaire Ambitions Report 2023 では相続による億万長者の増加を報告 | トップページ | 7-9月期GDP統計速報2次QEの予想やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« USB Billionaire Ambitions Report 2023 では相続による億万長者の増加を報告 | トップページ | 7-9月期GDP統計速報2次QEの予想やいかに? »