« 世界銀行 State and Trends of Carbon Pricing 2024 に見る日本のカーボン・プライシングの現状やいかに? | トップページ | 1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEから小幅の改定か? »

2024年6月 5日 (水)

OECD Digital Economy Outlook 2024 に見る日本のAI研究の現状やいかに?

やや旧聞に属するトピックながら、経済協力開発機構(OECD)から OECD Digital Economy Outlook 2024 と題するリポートが公表されています。もちろん、pdfの全文リポートも読むことが出来ます。第1章でICTセクターの成長率などを概観した後、第2章で人工知能(AI)の将来を考えようとしています。その第2章のAbstractを引用すると以下の通りです。

Abstract
The artificial intelligence (AI) landscape has evolved significantly since 1950 when Alan Turing first posed the question of whether machines can think. Today, AI is transforming societies and economies. It promises to generate productivity gains, improve well-being and help address global challenges, such as climate change, resource scarcity and health crises. Yet, the global adoption of AI raises questions related to trust, fairness, privacy, safety and accountability, among others. Advanced AI is prompting reflection on the future of work, leisure and society. This chapter examines current and expected AI technological developments, reflects on the opportunities and risks foresight experts anticipate, and provides a snapshot of how countries are implementing the OECD AI Principles. In so doing, it helps build a shared understanding of key opportunities and risks to ensure AI is trustworthy and used to benefit humanity and the planet.

読めば理解できるように、"key opportunities and risks" を強調しています。AIの活用はチャンスではあるが、リスクも伴う、という趣旨であることは明らかです。したがって、重要な研究テーマとして設定すべきである、と考えるのは私だけではないと思います。

photo

上のグラフは、リポートから、p.51 Figure 2.4. China, the European Union and the United States lead in the number of AI research publications, with India recently making strides および p.52 Figure 2.5. China's share of "high-impact" AI publications has steadily risen since 2000, notably overtaking the United States and European Union in 2019 を結合させて引用しています。タイトル通りですが、大雑把に、上のパネルはAIに関する研究成果の論文数、下のパネルはそのうちの高インパクト、すなわち、位置づけの高いジャーナルに掲載された論文のシェア、と考えられます。これまた、見ての通りで、そもそも、日本のAI研究の成果たる論文数はここ20年余りでそれほど伸びていない上に、高インパクトな論文はむしろ割合が低下すらしています。

将来を見据えたカーボン・プライシングで日本は大きく世界から遅れている一方で、AIに関する研究も進んでいません。日本の将来に対する悲観論にも一定の根拠があるのかもしれません。

|

« 世界銀行 State and Trends of Carbon Pricing 2024 に見る日本のカーボン・プライシングの現状やいかに? | トップページ | 1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEから小幅の改定か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界銀行 State and Trends of Carbon Pricing 2024 に見る日本のカーボン・プライシングの現状やいかに? | トップページ | 1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEから小幅の改定か? »