« 今週の読書は経済学の学術書をはじめ計6冊 | トップページ | 放漫経営による倒産が増加している? »

2024年6月23日 (日)

京都府宇治市にポケふた出現

photo

新たに、京都府宇治市にポケふた2枚がやってきました。すでに、京都市内には4枚のポケふたがあって、私は東京から引越してきた翌年2021年のゴールデンウィークに自転車で回っています。今回は、宇治市内に2枚設置され、上の画像の通りです。3秒で入れ替わるようなgifアニメにしてあります。まず、我が家で購読している朝日新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

宇治市に「ポケふた」がやってきた! 市内2カ所に設置へ
アニメやゲームで人気の「ポケットモンスター」のキャラクターをマンホールのふたに描いた「ポケふた」2枚が京都府宇治市に設置されることになり、18日にお披露目された。
設置される場所は、京阪宇治駅に近い「お茶と宇治のまち歴史公園」内と、宇治川にかかる朝霧橋の東側。しばらくすれば、ゲームの「ポケモンGO」と連動して遊べるようになるという。
市内では今秋、任天堂の資料館「ニンテンドーミュージアム」が開館する。松村淳子市長は「ポケふたとあわせて市内を周遊してもらえれば」と話した。
ポケふたは、ポケモンを通じて日本各地の魅力を発信することを目的に、株式会社ポケモンが自治体に寄贈している。宇治の2枚を含めると全国で349枚になる。

私は、公務員を定年退職して現在の大学に再就職しました。子供達はもうすでに独立ていたので、カミさんと2人して東京のマイホームを売り払って関西に引越したのですが、その際、京都府宇治市に移り住みました。私の生まれ故郷だったからです。しかし、60歳を過ぎて通勤に体力を消耗するために、今の大学近くに再び引越したのですが、大学を辞める時が来れば、もう一度最初に引越した宇治の方に戻ろうと考えています。その宇治にポケふたが現れたのですから、ぜひとも見に行きたいと考えています。2枚とも宇治川沿いの宇治橋の近くのようです。大学退職後に戻ろうとしている我が家は、もう少し先の、というか、もう数キロ宇治川下流の観月橋寄りですが、それはともかく、自転車で瀬田川沿いに下れば2時間ほどではないかと思います。京都にいたころに、そのルートで逆に宇治から大津のポケふたを見に自転車を飛ばした記憶があります。現時点で、すでに梅雨入りしてしまいましたし、まだ大学の授業も1か月ほど続きますので、夏休みには自転車で県境を超えたいと思います。

なお、朝日新聞の記事にあるニンテンドーミュージアムですが、私はニンダイはフォローしていないものの、諸般の情報を総合すると、国道24号線の旧道に面したところだろうと思います。これも十分土地勘がありますので、そのうちに訪れたいと考えています。郷土愛はそれほど強くありませんが、ポケモン愛は強烈に持っているつもりです。

|

« 今週の読書は経済学の学術書をはじめ計6冊 | トップページ | 放漫経営による倒産が増加している? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の読書は経済学の学術書をはじめ計6冊 | トップページ | 放漫経営による倒産が増加している? »