2020年1月26日 (日)

今週のお天気は大荒れか?

実は、4月から勤務する私大の研究室を見せてもらったり、不動産屋さんに新しい住まいの候補となる物件をいくつか見学させてもらうため、今週後半関西方面に出かける予定なんですが、東京も関西もお天気が大荒れのような雰囲気で、やや心配です。

photo

まず、上の天気図はウェザーニュースのサイトから引用しています。週明けの明日1月27日(月)は低気圧の接近に伴い、西日本の広い範囲で荒れた天気となるようで、特に、東シナ海を進む低気圧と大陸の高気圧との気圧差が大きく、沿岸部は東よりの風が強まる見込みとなっており、低気圧や前線に向かって暖かな空気が流れ込むため、1月としては記録的な大雨の可能性があります。取りあえず、今週前半の西日本のお天気ですから、私が行く週後半はここまで荒れたお天気ではない可能性もあります。

photo

次に、上の天気図もやっぱりウェザーニュースの別のサイトから引用しています。週明けの交通機関への影響予測なんですが、‹鉄道›、‹高速道路›、‹空の便›、の3部作から私が使う鉄道のみを引用しています。週後半の東海道新幹線への影響が気がかりですので、引き続きフォローしたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

今年の花粉飛散予想やいかに?

つい先日までお正月気分だったんですが、早くも1月の終わりに近づき、2月に入れば花粉の季節となります。やや旧聞に属する話題ながら、東京都福祉保健局から先週1月16日に「令和元年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果」として、花粉の飛散開始日は2月14日から18日ごろ、また、今春の飛散花粉数は、例年の6割、昨春の6割程度、との報道発表資料が明らかにされています。参考資料の「飛散花粉の総数の予測」のpdfファイルから都内12地点平均の飛散花粉数の経年変化のグラフを引用すると以下の通りです。

photo

おそらく、3月中には私は関西に引っ越す予定なんですが、昨シーズンや平年の6割程度の飛散であれば、かなりラクそうな気もします。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

明日から始まる最後のセンター試験、首都圏は雪の可能性!?

明日から最後のセンター試験が始まりますが、ウェザーニュースによれば、下の画像の通り、首都圏で雪の可能性があるようです。早めの行動が必要です。

photo

がんばれ受験生!!!

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

今シーズンのインフルエンザの流行やいかに?

photo

やや旧聞に属する話題ですが、1月10日付けでウェザーニュースから「インフルエンザ流行予想」が明らかにされています。厚生労働省から発表されるインフルエンザ発生状況に加えて、気象データとの相関をとり、今後のインフルエンザ流行予想を算出したところ、東京では昨年より早く流行が早くなっている、としています。さらに、東京では1月下旬にかけて流行度の高まる傾向が続くとも予想しています。ウェザーニュースのサイトから引用している上のグラフの通りです。
実は、私は今シーズンも昨シーズンもインフルエンザの予防接種はしていません。それまでは着実に予防接種をしていたのですが、昨シーズンは下の倅も大学に通い始めて受験生がいなくなり、今シーズンも昨シーズンと同様に、「インフルエンザにかかれば仕事を休む」という安直な姿勢を貫いています。来シーズンは予防接種をどうするか、はこれから考えます。なお、参考まで、ウェザーニュースのサイトでは都道府県別の流行予想を示しているところ、明記してあるように、上のグラフはあくまで東京のパターンであって、実は、大阪もこれに近いんですが、京都はまったく違います。3月ころには関西に引っ越す予定だけに、やや地域性も気になるところです。

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

年末年始のお天気やいかに? 初日の出は拝めるのか?

photo

そろそろ、年末年始の天気予報が明らかにされています。上の画像は、まさに、そのものズバリの年末年始の天気予報であり、ウェザーニュースのサイトから引用しています。
私は基本的に朝に弱くて寝坊するタイプなので、初日の出なんて拝んだこともなく、夜中の富士登山でご来光なんて、とてもではありませんが、60歳の還暦を超えてムリと諦めています。ただ、気になる人は気になるでしょうから、下の地図は日本気象協会のサイトから 2020 初日の出見えるかなMAP を引用しています。何らご参考まで。

photo

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

2019年今年の漢字は令和の「令」!

photo

 

先週木曜日の12月12日、日本漢字能力検定協会から今年の漢字は令和の「令」と明らかにされました。まあ、そうなんでしょうね。それだけでした。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

そろそろ通勤時はコートを着てオフィスではカーディガンを羽織る季節に入ったか?

晩秋から冬の気候に進みつつあるのが実感され、先週あたりからそろそろ寒さが増してきました。ここ数年来いわれていますが、夏が終わると秋ではなく一気に冬が来るような気がしないでもありません。私は京都出身ですので、雪が降るような極端に寒いところは別にして、熱帯のジャカルタでも、あるいは逆に、少々の寒さでも対応可能だと見なされる場合も少なくないんですが、もともとが寒がりな上に還暦を超えて暖かい服装を心がけています。下の画像は、ウェザーニュースのサイトから引用した服装と気温の関係です。私は一昨日の金曜日から通勤時に軽めのコートを着用し始め、その少し前からオフィスでカーディガンを羽織っています。

photo

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

ユーキャン 新語・流行語大賞 第36回2019年ノミネート語やいかに?

先週11月6日に ユーキャン 新語・流行語大賞 第36回2019年のノミネート語30語が明らかにされています。以下の通りです。

photo

改元はもちろん、ラグビーのワールドカップなどのスポーツ関係、気候変動に起因する異常気象の関連、あるいは、相変わらず、ドラマや流行歌などからのタイトルや決めのフレーズなども入っています。実は、私が注目しているのが「免許返納」です。私は従来から我が国の社会保障政策が高齢の引退世代に手厚すぎる弊害を指摘しているんですが、「上級国民」と「免許返納」がこのあたりから出て来たように思わないでもありません。加えて、我が家のルーツの京都の本家を継いでいる叔父が、とうとう免許返納したと聞き及び、それなりに身近な話題という気もします。でもまあ、どちらも大賞ではないんだろうと予想しています。経済的なトピックとしては「サブスク」や「軽減税率」は当然として、「〇〇ペイ」は30語に入っても、「キャッシュレス決済」とか「QR決済」は入らないんですかね。やや不思議です。まあ、「MMT」はダメなんだろうとは覚悟しています。気のせいかもしれませんが、経済に基づく流行語が少ないような気がするのは、人手不足による雇用拡大とともに景気局面がそれなりに順調なんだろうと受け止めています。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

近畿地方で木枯らし1号が吹き冬近し!!!

photo

ニュースなどでもチラリと取り上げていましたが、今日の昼過ぎに近畿地方で木枯らし1号が吹いたと、大阪管区気象台が発表しました。昨年より18日早いそうです。なお、上の画像は、ウェザーニュースのサイトから引用しています。木枯らし1号は、晩秋から初冬にかけて、その年初めて吹く強い北風のことで、東京地方と近畿地方の限定ながら、気象庁や気象台から公表されます。ただ、東京と近畿では定義が若干違っており、同じサイトから引用すると以下の通りです。

東京地方
 
時期
10月半ば~11月30日
気圧配置
西高東低の冬型
風向
北から西北西の間
風速
最大風速が8m/s以上
近畿地方
 
時期
二十四節気の霜降~冬至
気圧配置
西高東低の冬型
風向
北北東から西北西の間
風速
最大風速が8m/s以上

我が生まれ故郷であり、父祖の地である関西では、そろそろを迎えるのかもしれません。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

日本気象協会による「2019年紅葉見ごろ予想 (第2回)」やいかに?

photo

10月23日に日本気象協会から「2019年紅葉見ごろ予想 (第2回)」が明らかにされています。
この秋の気温は全国的に平年より高く経過しており、今後も11月にかけて平年より高い見込みであり、このため、朝晩冷え込む時期も遅くなると予想され、観光名所の紅葉見ごろ時期は全国的に平年並みか遅くなると予想されています。例えば、東京の見ごろは平年であれば11月下旬頃なんですが、今年は12月上旬に遅れるようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧